ここから本文です

文句なしに「おしゃれ」なピアス! 手作り針金作品、遊び心が話題に 作者「誰かと会話するきっかけに」

9/13(金) 7:00配信

withnews

 どう見ても「おしゃれ」なピアスが、ツイッター上で注目を集めています。「遊び心や笑いを落とし込みました」と話すアクセサリー作家に話を聞きました。

【画像】「おしゃれ」なピアスはこちら。誰がどう見ても文字通りおしゃれ。すてきなピアス、エモいピアスも

作品名「おしゃれなピアス」

 今月10日、ツイッターにこんなつぶやきが投稿されました。

 「〈作品名〉おしゃれなピアス 〈効果〉誰がどう見てもおしゃれなので、着用時、ピアスに気付いた相手から『あら、おしゃれ』『おしゃれですね』と言ってもらえる」

 添付された画像には、1本の針金を曲げて作った「おしゃれ」という平仮名を模したピアスが写っています。

 この投稿に対して、「確かに一目見てわかるおしゃれ」「そのセンス好きです」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万、いいねは3万を超えています。

作者に聞きました

 「見た人に、文字通り『おしゃれだな』と思ってもらえたらいいなと思って作りました(笑)」と話すのは、針金アクセサリー作家のikiさんです。

 1本の針金でアクセサリーを作っており、重たくない存在感と、ひそかなユーモアをものづくりのコンセプトにしています。

 昨年9月11日に、「すてき」の文字を模した「すてきなピアス」を制作してツイッターに投稿。そのアイデアをもとに、今回の「おしゃれなピアス」を発案したそうです。

 「以前から言葉をモチーフにしたアクセサリーを制作しており、何か面白い題材がないかなと日々考えています。今回の投稿が9月10日だったので『1日違ったらちょうど1年だったんだ!』と先ほど気づき、ちょっと惜しいことしたなと思いました」

制作のきっかけは

 針金アクセサリー作家として活動をはじめてから4年ほど経ったというikiさん。

 家にあった針金を、じゃんけんの「パー」の形に曲げてみたことがきっかけで、「この技法なら他の形も表現できるのではないか」と思って始めたそうです。

 「すてき」「おしゃれ」以外にも、「えもい」「しんどい」「は?」といった文字をモチーフにした作品を数々制作。

 「文字を身につけるって面白いなと思っています。特に、ひらがな、カタカナ、漢字のモチーフは個性的ですし、目に入ると思わず口に出して読みたくなる気がするので、人との会話のきっかけにもなったりもします」

心がけていること

 制作する上で心がけているのは「遊び心、笑い、可愛気、毒気などをアクセサリーに落とし込むこと」だといいます。

 自嘲的な言葉を作ることもあるので、クスッと笑えるかどうかの境界線に気をつけながら、身につけた人と気付いた人が楽しくなるような作品作りを意識しているそうです。

 作品が話題になったことについては、こう話します。

 「たくさんの方に作品を見ていただけて、とにかく嬉しいです! メッセージ性のあるものや、食べ物の名前、ただただ響きの良い言葉など、いろいろ作っていますので、誰かへのアピールとして使っていただいたり、自分へのエールとして使っていただいたけたら嬉しいです」

最終更新:9/13(金) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事