ここから本文です

チーバくん「大変な時にごめんなさい」 台風後ツイートへの「不謹慎」批判で謝罪

9/12(木) 12:28配信

J-CASTニュース

 千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」が2019年9月12日、「みんな、今回は大変な時にごめんなさい」とツイッターで謝罪した。

 台風15号の影響で大規模な停電・断水が起きている千葉県。そうした状況の中、チーバくんが台風とは無関係のツイートを発信していたことに、一部のユーザーから「不謹慎だぞ」「他に言う事無いの?」との批判が寄せられていた。

■「千葉県が大変な時にその喋り方は...」

 ネットユーザーの批判に晒されたのは、台風15号が関東を通過した翌10日以降のチーバくんのツイートだ。

  「みんなおはちばー! <・^」~ <・^)~ <・^)~ ネズミちゅーちゅーチュウズデー。今日は『屋外広告の日』だよ!」(10日朝)

  「今日は『カラーテレビ放送記念日』でもあるよ!1960(昭和35)年の今日、日本で初めてカラー放送が始まったんだって!」(10日夕)

  「みんなおはちばー!ゆゅゆゅ おさかなすいすい水曜日。今日は『公衆電話の日』だよ!」(11日朝)

 記念日などの情報を発信していることから、事前に自動投稿の設定をしていたのかもしれない。だが、県内各地で大きな被害が出ている中でのこうした呟きは、一部ユーザーの反感を買ってしまったようだ。それぞれの投稿には、

  「今県内がどれだけ深刻な状況なのか分からないの?」
  「チーバくん、今は、それじゃない」
  「千葉県が大変な時にその喋り方はおかしいよ」

といった苦言や批判のリプライ(返信)が。また、チーバくんが26万以上のフォロワーを抱える(12日現在)アカウントだけに、その発信力を生かして災害情報を投稿して欲しいといった声も寄せられていた。

 もちろん、チーバくんも台風に関する情報を一切伝えていなかったわけではない。

 台風通過前の8日夜と10日夜の2回、注意報や避難所の情報をまとめた「千葉県防災ポータルサイト」のURLを紹介している。それだけに、過度な批判を送るユーザーに対して、「チーバくんに罪はない」などと諫めるような声もあった。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 12:56
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事