ここから本文です

「仙台井土ねぎ」 専門学校生が収穫体験

9/12(木) 13:34配信

TBC東北放送

TBC

 仙台の料理専門学校の生徒が、震災後、仙台で栽培が始まったブランドネギを使ったメニューを開発することになり、12日にその収穫を体験しました。
 仙台の料理専門学校の生徒は、12日に仙台市若林区の農事組合法人「井土生産組合」の畑を訪れ、ブランドネギ「仙台井土ねぎ」の収穫に取り組みました。「仙台井土ねぎ」は、震災から4年後に設立された生産組合が、日差しに恵まれやすいこの地域の特性を生かし新たに栽培を始めたもので、甘みが豊かで今では、東京などにも出荷されています。
 生徒たちは、きょう機械でのネギの皮むきなども体験しました。この専門学校では、10月に生徒によるネギを使った料理コンテストなどを開催する予定で、生産組合では、多くの人にネギの魅力を知ってもらうきっかけになればと話しています。

最終更新:9/12(木) 13:51
TBC東北放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事