ここから本文です

2020年スーパーGTを走るClass1車両がデビュー。GRスープラとGT-Rが初走行

9/12(木) 12:45配信

motorsport.com 日本版

 2020年のスーパーGT GT500クラスに導入されるトヨタGRスープラと、ニッサン GT-R ニスモ GT500が、鈴鹿サーキットで実施されたテストに登場した。

【ギャラリー】2020スーパーGT・トヨタGRスープラ

 この日の鈴鹿サーキットは好天に恵まれ、11時30分に2時間のセッションがスタート。ニッサンGT-Rの230号車、トヨタGRスープラの90号車が共にコースインした。

 90号車はマシンのチェックを終えて一旦ガレージへ。230号車はメインストレートを通過し、コントロールラインを横切ったが、こちらもピットに戻っている。

 その後、再び230号車がピットを出たが再度ピットイン。新車両のシェイクダウンということもあり、セッション開始から1時間が経過しても両陣営はタイム計測を行っていない。

松本和己

最終更新:9/12(木) 12:45
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事