ここから本文です

是枝裕和監督が対峙した、対極に位置する仏女優カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュ

9/12(木) 13:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 第76回ベネチア国際映画祭のオープニングを飾った、是枝裕和の最新作「真実」。昨年カンヌでパルムドールに輝いた「万引き家族」に続く注目作であり、カトリーヌ・ドヌーブ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークら、スターを起用した是枝監督初の外国映画として反響を得た。大役を全うし、いまだ高揚した面持ちの是枝監督に、現地で話を聞いた。(取材・文/佐藤久理子)

【動画】「真実」特報

 海外の辛口批評家たちがしばしば口にすることは、「監督が勝手のわからない異国の地で撮った作品は、あまり成功しない」というものだ。文化の違いゆえに、よほど気をつけなければ不自然でいびつなものになってしまうからである。

 だが、是枝監督が初めてフランスで外国人キャストと撮った最新作「真実」は、そんな「異邦人監督」が陥りやすい罠をやすやすとかわし、是枝監督らしいテーマである家族の繊細なドラマを、いい意味でフランス人の手によるかのような違和感のない作品に仕立てた。少なくとも、オープニングを飾った今年のベネチア国際映画祭の反響をみる限り、成功と言える。公式上映とともにプレス試写でも拍手がわき起こり、コンペの星取り票では、映画祭では評価されにくい軽妙なコメディにもかかわらず上位につけた。業界誌のバラエティは、「最初から最後までハイレベルなウィット、大胆さ、活気に満ちている。境界を超越した、驚くほどしなやかで成熟したおこない」と技量を評した。

 是枝監督もベネチアの反響を振り返り、自負をのぞかせる。「3大映画祭のコンペ受賞作は、どちらかといえばこってりした油絵が好まれる傾向にあると思うのですが、今回僕はそことは違うところに玉を投げているという思いが、作っているときからありました。もっと軽いトーンで、秋のパリの水彩画を描くかのように作った。日差しに溢れた、ほかほかするような感じで、観客に劇場を出て欲しいなと。自分が望んだ形には仕上がっていると思います」。

 「真実」は、もともと是枝監督が16年前に書いた、女優のほぼひとり芝居の戯曲から出発したものだ。ドヌーブとの出会いによって、それを女優の母と脚本家の娘の設定に変え、ビノシュを加えた母娘のドラマを中心に描くことになった。

 脚本段階からドヌーブと密に連絡を取り合った本作は、いわば是枝監督のドヌーブに宛てたラブレターだ。最近はコメディ映画への出演も増えているものの、これほどチャーミングでウィットに富み、軽やかに魅力的な彼女は見たことがない。エゴイストなのに憎めない、まさに女王のような存在。ドヌーブといえばこれまでは「クールビューティ」のイメージが強かったが、是枝監督にとってはむしろこちらのドヌーブこそが、イメージだった。

 「会ったら想像通りの人だったんですよ。あらかじめ長いプロットを渡してからミーティングをしたんですが、彼女はプロットを読んでこなくて、雑談をしました。いつもタバコを吸う場所を探して、ちっともじっとしていない(笑)。そして言いたいことを喋って、『あなたとはうまくいくと思うわ』と言って帰っていった。え、まだプロットも読んでいないのに、と思ったんですが(笑)、僕もうまくいきそうな気はしたんです。そのあと脚本を書くにあたって、彼女とやりとりが始まった。でも彼女自身の生い立ちから引用しているところはあまりないです。ただブリジット・バルドーについてのセリフや、『自分のDNAを継ぐ女優はフランスにはいない』というセリフなど、彼女自身が以前語った言葉から拝借しているものはあります。僕にとって彼女の魅力は、怖いものがないところ。フランス映画の中心で輝き続けてきたという自信もあるでしょうし、わがまますらチャーミングで、軽やかなところですね」

 物語は、秋のパリを舞台にした、ある家族の7日間を描く。自伝の出版を待つ大女優ファビエンヌのもとにニューヨークで脚本家として知られる娘のリュミールと夫ハンク(ホーク)が、娘を連れて訪れる。だが、自伝の草稿をチェックしたいという願いを母から無視されていたリュミールは、ちょうど届いた自伝を一晩で読み、良き母親を装ったファビエンヌの「でっちあげ」に怒りをぶちまける。リュミールの記憶のなかにはさらに、ファビエンヌと今は亡きライバル女優サラに関する秘められたエピソードがあった。

 コメディとはいえシリアスな母娘の対峙が混ざり、毒のあるユーモアのなかに達観した人生観がのぞく。映画業界の舞台裏を揶揄したセリフも諧謔(かいぎゃく)的なら、ファビエンヌの生き様はドヌーブのそれと重なり、見る者に錯覚を起こさせるような「遊び」が心憎い。

 直感型のドヌーブと、こつこつと積み上げて行くタイプのビノシュという、真逆のふたりには、異なるアプローチで演出をしたという。

 「ドヌーブは子どものような人で、飽きたら終わり。でもいいテイクのときの集中力は素晴らしく、これだ! というのがわかりやすい。一方のビノシュは、やればやるだけ満足するタイプなので、80%でOKを出して、でもそこで終えると本人にはストレスなので、もう1回やって100%でOKをかける。彼女は最初、ドヌーブの前でナーバスになっていましたが、イーサンが来てくれたおかげでとてもリラックスしました。彼は僕のやりたいことを100%わかってくれていて、人間的にもすごく包容力があったので、彼の存在は大きかったですね。映画を作るのに大事なのはビジョンの共有で、言語の共有じゃないから大丈夫、と言われました」。

 「フランス語はわからない」と言いながら、「ストレスは本当にありませんでした」と振り返る是枝監督。その影にはもちろん、入念な準備とともに、繊細なコミュニケーションをはかるスキル、自分の求めるものに対する確かなビジョンがある。

 「フランス映画だからこうしなければ、というような線引きはしない。自分がふだんやっていることをどうしたら同じように、意志の疎通をはかりながらスタッフ、キャストと一緒にいいものが作れるかと考えたし、そのために周到なスタッフィングも時間をかけておこないました。これでつまらなければ逆に自分のせいで、異文化のせいにできないという状況で作れたのは良かったと思います」。

 紛れもない是枝映画にして、見たこともない是枝作品。そんな新しい体験を、しかと目撃したい。

最終更新:9/12(木) 13:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事