ここから本文です

中秋節の台湾、広い範囲で晴れ 名月楽しめる可能性高く

9/12(木) 18:04配信

中央社フォーカス台湾

(台北 12日 中央社)台湾は13日から中秋節(中秋の名月)の3連休となる。中央気象局によると、13日と14日は太平洋高気圧の影響を受けて広い範囲で晴れとなり、名月を楽しめる可能性が高くなる見通し。

気象局によれば、フィリピンの東にある熱帯低気圧が台風16号に発達し、中秋節前に台湾に影響することが懸念されていたが、熱帯低気圧の発達が予想より遅く、台風になっても台湾に向かうことはないと判断した。

太平洋高気圧は15日ごろから勢力をやや弱め、代わって南の低気圧が北上してくるため、連休最終日となる同日は北部や東部で降水確率が高まる見込み。

(汪淑芬/編集:塚越西穂)

最終更新:9/12(木) 18:04
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事