ここから本文です

【阪神】鳥谷、16年目最遅初打点 退団表明後7打席目で初安打「声援に応えられてよかったです」

9/12(木) 6:05配信

スポーツ報知

◆阪神10―3ヤクルト(11日・甲子園)

 声援に後押しされた打球はフェンス手前で跳ねた。5点リードの8回1死一塁。阪神の代打・鳥谷が左翼線へ適時二塁打を放つと、甲子園は大歓声に包まれた。「追い込まれていたのでいいところに飛んでくれたという感じです」。8月31日に今季限りでの退団を表明後、7打席目で初安打。プロ16年目で最も遅い130試合、94打席目での初打点に塁上で軽くうなずいた。

 ネクストバッターズサークルに登場しただけで本拠地のスタンドが沸いた。勝敗の行方は見え、雨も降り続いて空席が目立つなか、大勢のファンが一斉に最前列を目がけて動き出した。タイムリーが飛び出すと、涙ぐむファンも多かった。「ファンの声援に応えられてよかったです」と鳥谷は感謝した。

 万全の準備が鳥谷を支えている。現在でも球場に一番乗りし、本拠では試合前練習後からミーティングまで軽く昼寝する。昨年から始めたが影響は大きく、多くの若手が見習って実行する。また、昨年から禁酒しているが、菓子パンは袋を裏返して、成分表を見て選ぶ。決して好みでは食べないストイックぶりだ。

自力CS復活 矢野監督は「言うことはないですしね。打撃フォームが若干変わったのかなというね。そういうところに鳥谷の探究心とか、すごさとかがあるんじゃないですか」と手放しでたたえた。3位・広島が敗れて3・5差に迫り、わずか1日で自力でのCS進出の可能性が復活した。残り13試合、うち甲子園では8試合。少しでも長く背番号1と戦うため、最後まであきらめるわけにはいかない。(嶋田 直人)

最終更新:9/13(金) 20:24
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(土) 18:45

あなたにおすすめの記事