ここから本文です

新記録の渋野日向子は11位発進 首位に高橋彩華、朴仁妃

9/12(木) 18:11配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(12日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

【写真】渋野日向子の笑顔と切手

第1ラウンドとしては今季最多、大会最多となる6231人の観客が集まった中、ツアー未勝利の21歳・高橋彩華と元世界ランキング1位で米ツアー通算19勝の朴仁妃(韓国)が「68」で回り、4アンダー首位で発進した。

1打差の3位に畑岡奈紗、エイミー・コガ、木村彩子、森田遥、山路晶と、いずれも韓国のイ・ミニョン、アン・ソンジュ、全美貞の8人が並んだ。

8月の「AIG全英女子オープン」を制した渋野日向子は5バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、2アンダーの11位タイ発進。連続オーバーパーなしを29ラウンドとし、ツアー新記録を塗り替えた。

前半アウトを1オーバーで折り返したが、11番に5m、14番に5m、16番に5mのバーディパットを決め、巻き返した。

前年覇者の申ジエ(韓国)は1オーバーの46位タイで初日を終えた。

<主な上位成績>
1T/-4/高橋彩華、朴仁妃
3T/-3/畑岡奈紗、エイミー・コガ、木村彩子、森田遥、山路晶、イ・ミニョン、アン・ソンジュ、全美貞
11T/-2/渋野日向子、松田鈴英、三ヶ島かな、酒井美紀、臼井麗香、穴井詩、山本景子、田中瑞希、フェービー・ヤオ、ペ・ヒギョン、ユン・チェヨン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事