ここから本文です

「かなり焦った」けど…後半の3バーディで決めた! 渋野日向子が連続オーバーパーなしのツアー新記録樹立

9/12(木) 17:01配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 初日◇12日◇チェリーヒルズゴルフクラブ(6425ヤード・パー72)>

「やっぱり私はズボン!」渋野日向子が前夜祭に選んだのはパンツスタイル

国内女子ツアーの今季メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」初日に、渋野日向子がまた新たな“勲章”を手に入れた。5バーディ・3ボギーの2アンダーでホールアウトし、6月の「ニチレイレディス」第1ラウンド(R)から続いている、国内女子ツアーでのオーバーパーなし記録を「29R」に伸ばした。

最終18番で“普段通りの様子”でパーパットを沈めると、同伴競技者とハグをしてお互いを労う。この瞬間、今大会前に並んでいた2013年にアン・ソンジュ(韓国)が樹立した「28R」を上回り、国内女子ツアー歴代1位記録保持者になった。

「きょうはそのこと(記録)だけを考えて臨みました」と、強い気持ちを込めてメジャー舞台に向かった。しかし、2番、4番と序盤からいきなり2つのボギーを喫するなど、前半を終え1オーバー。記録更新にやや暗雲が垂れ込める時間も味わった。「かなり焦りました」。渋野自身、もどかしさを感じながらのプレーだった。

「途中、これまでとは違う曲がり幅で、何度ギャラリーに当ててしまうかと思った」。決して本調子とは言えなかったが、そこから意地を見せることができるのがこの20歳のすごみだ。11番でバーディを奪うと、さらに14番、16番でもスコアを伸ばした。その後の2ホールをきっちりとパーでまとめ、見事、新記録を達成した。優勝した8月の海外女子メジャー「全英AIG女子オープン」も含めると、オーバーパーなしは「33R」。安定感は並のものではない。

ホールアウト時点で首位との差も、わずかに2打差。「名前が残るのはうれしいですね」。この日一つの区切りをつけた渋野が、次は「ワールドレディス サロンパスカップ」に続く国内メジャー連勝に向け、ひた走っていく。

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/12(木) 18:25
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事