ここから本文です

インビー・パーク、高橋彩華が首位発進 渋野日向子は2打差11位T

9/12(木) 17:56配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 初日◇12日◇チェリーヒルズゴルフクラブ(6425ヤード・パー72)>

「5000万円を稼いでいてもおかしくない」 高橋彩華のドライバースイングを上田桃子コーチが解説【連続写真】

国内女子メジャー今季第2戦の「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」は、初日の競技が終了。元世界1位で、リオ五輪金メダリストのインビー・パーク(韓国)と、黄金世代の高橋彩華が4アンダーでトップに立った。

1打差の3位タイには、開幕戦以来の国内ツアー出場となる畑岡奈紗のほか、木村彩子、森田遥、エイミー・コガ、山路晶と、全美貞、アン・ソンジュ、イ・ミニョンの韓国勢3人が続いている。

首位と2打差の11位タイに、この日国内女子ツアーの連続オーバーパーなし記録を「29ラウンド」に更新した渋野日向子がつけている。穴井詩、松田鈴英、臼井麗香らも同順位で並んでいる。

この他では、成田美寿々、小祝さくら、イ・ボミ(韓国)らが1アンダー・22位タイ、昨年覇者の申ジエ(韓国)は1オーバー・46位タイで滑り出した。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/12(木) 18:30
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事