ここから本文です

ドンファン、ハム・ジョンウが11アンダー首位タイで最終日へ【ディライトワークスASPチャレンジ2日目】

9/12(木) 18:20配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ディライトワークスASPチャレンジ 2日目◇12日◇太平洋クラブ 益子PGAコース(6984ヤード・パー71)>

「Team DELiGHTWORKS」アンバサダー“ラストアイドル”がスタートコールを担当【写真】

9月11日(水)から3日間の日程で開催されるAbemaTVツアー新規大会「ディライトワークスASPチャレンジ」。2日目の競技が終了し、ドンファン、ハム・ジョンウ(ともに韓国)がトータル11アンダー首位タイ。1打差・3位には杉山知靖、2打差・4位タイには井上信、澤崎安雄、上村竜太がつけた。

今季コーン・フェリーツアー(旧ウェブ・ドットコム・ツアー)で19試合を戦ってきたドンファンは、今大会からAbemaTVツアーに5週連続で出場し、コーン・フェリーツアーセカンドQTに向かう。今季日本ツアー初参戦で、下部ツアー出場は2006年以来。

2日目のホールアウト後には「初日ほどショットの精度は良くなかったですが、そのなかでもチャンスを作ろうと頑張りました。最終9番でボギーとなってしまいましたが、(初日荒天サスペンデッドによる未消化5ホールを含めて)23ホールのプレーだったので、最後は体力が持たなかったかな。でもそれ以外は満足できるラウンドでした」と充実感ある表情を見せ、最終日については「優勝のチャンスは近づいていますが、自分なりに100%を出して、終わったときに笑えるように」と展望を語った。

ドンファン、そして「TIチャレンジ in 東条の森」に続く2戦連続優勝を狙うハム・ジョンウとともに、2ケタアンダーにのせたのは日本人最上位の杉山。

予選ラウンド2日間は、『Team DELiGHTWORKS』所属のホストプロ・諸藤将次、デーブ大久保、小林伸太郎と同組。「注目される組でしたが、みなさんと和気あいあいとできたことが好スコアに繋がりました。普段は試合に入り込むタイプですが、デーブさんとは野球の話をしながらできたので。きょうはアイアンが終始良かった。最終日はドンファンさんに勉強させてもらいながら、一打一打頑張ります」と展望を語った。

ディライトワークスASPチャレンジ2日目成績上位者は以下のとおり。

1位T:ドンファン(-11)
1位T:ハム ジョンウ(-11)
3位:杉山知靖(-10)
4位T:井上信(-9)
4位T:澤崎安雄(-9)
4位T:上村竜太(-9)
7位T:徳永圭太(-8)
7位T:金禹玄(-8)
7位T:白佳和(-8)
10位T:大岩龍一(-7)ら4名

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/12(木) 18:20
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事