ここから本文です

シェフラー、自動運転コンパクトEVの最新版を発表…フランクフルトモーターショー2019

9/12(木) 15:30配信

レスポンス

シェフラーは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、自動運転のコンパクトEV、シェフラー『ムーバー』(Schaeffler Mover)の最新バージョンを初公開した。

[関連写真]

シェフラー ムーバーは、都市空間向けのモビリティコンセプトだ。気候目標と並んで、未来のモビリティを形作るひとつの要因は、都市化への対応になるという。フランクフルトモーターショー2019では、シェフラーの新技術を結集したシェフラー ムーバーの最新バージョンで、この課題への取り組みの成果を披露した。

シェフラー ムーバーの最新バージョンには、自動運転向けに、適応性の高い新開発プラットフォームを採用した。この新しいコンセプトカーの中心にあるのは、シェフラーが自動運転車を実現するカギと考える「スペースドライブ」と呼ぶドライブバイワイヤー技術を搭載したローリングシャシーシステムだ。

シャシーは、すべてのドライブとサスペンション部品がひとつの省スペースユニットに統合された4つのホイールハブ、「シェフラー・インテリジェント・コーナー・モジュール」で構成される。この設計により、幅広いアプリケーションに合わせて、調整や改造することが可能、としている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/12(木) 15:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事