ここから本文です

“自転車こぎ給油”の山賀雅仁 支援の広がり訴える「南の方はかなり厳しい状態です」

9/12(木) 15:08配信

東スポWeb

 台風15号の影響で大きな被害が出ている千葉県の君津市で支援活動を行った競輪選手の山賀雅仁(37)が12日、三重県の松阪競輪場で支援の広がりを訴えた。

 GII共同通信社杯の出場予備で松阪競輪場に来た山賀は「今住んでいるのは君津市だけど、生まれ育った鋸南町とか南の方は本当に被害がひどい。断水や停電でかなり厳しい状態です」と表情をゆがめた。

 友人が経営する君津市のガソリンスタントが、台風による停電の影響で給油できない状態になった。そのため、11日に店で自転車式のポンプを準備し、競輪選手である山賀に支援を求めた。山賀は、日々鍛えた脚力でこぎ続け、100台ほどの給油を手伝った。

 山賀は「頼まれたからやっていただけで、特に自分が…というのでは」と控えめにしていたが、「こうした動画とかを見てくれて、まだひどいところへの支援が広がってくれれば」と話した。

最終更新:9/12(木) 19:00
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事