ここから本文です

130試合目で今季初首位・西武に“三日天下”が危ぶまれるワケ

9/12(木) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 苦節130試合目で、ついにトップに立った。

 2位西武は11日、首位ソフトバンクに勝利。最大8・5ゲーム差をひっくり返し、昨季以来となる首位の座を手にした。

 この日は助っ人のニールが7回1失点と好投し、1994年の郭泰源と並ぶ助っ人投手9連勝の球団記録を達成。今季10勝1敗、防御率3・23と、西武で一番頼れる先発であることは間違いない。

 そのニールの後を受け、リリーフの平井と抑えの増田が無失点投球。終わってみれば4―1と、自慢の打線ではなく、投手力でソフトバンクをねじ伏せた。

 とはいえ、ここからの問題は首位を維持できるかどうか。なにせ、ニール以外の先発陣はほぼ壊滅状態。昨季14勝4敗の菊池はマリナーズに移籍し、同16勝5敗の多和田は今季1勝6敗と苦戦。先日、不整脈が発覚し、今季中の一軍復帰は絶望的。そもそも、先発はニール以外の全員が防御率4点台以上というありさまだ。中継ぎも平井がこの日73試合目と、登板過多が問題になっている。

 三日天下とならなければいいのだが…

最終更新:9/12(木) 12:54
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事