ここから本文です

鈴木武蔵 代表残留アピール「大迫くん抜きでも」

9/12(木) 16:36配信

東スポWeb

 日本代表FW鈴木武蔵(25=札幌)が1トップ争いで“エース頼み”からの脱却を目指す。敵地で2―0と勝利したミャンマー戦から一夜明けた11日、森保ジャパンが帰国した。後半途中から出場した鈴木は、2トップで大迫と共存し「関係性はもっと回数を重ねたらよくなるし、2トップ自体もよくやっていた。そこのシステムへの順応はできる」と代表残留をアピールした。

 また、右サイドのMF久保やDF酒井宏樹(29=マルセイユ)との連係から決定機にも絡み「本当にあとちょっとだった。DFとの駆け引きで勝てるシーンがあったし、ボールがないところの動きがFWにとって一番大事なので、もっと極めたい」と意欲的に語った。

 その上で「やっぱり大迫(勇也=29、ブレーメン)君だけがずばぬけているから、そこに別の色を付け加えられたら。大迫君がいなくなったときに慌てる感じになっちゃダメ。僕も含め他のFWも成長していかないと」と飛躍を誓った。

最終更新:9/12(木) 16:40
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事