ここから本文です

阪神・北條、先制V撃 2死満塁の好機生かす 6戦ぶりスタメンに燃えた

9/12(木) 9:00配信

デイリースポーツ

 「阪神10-3ヤクルト」(11日、甲子園球場)

 一塁ベースに立つと、右拳をベンチに突き出した。勝利だけを目指して放った意地の先制打。心地良い大歓声が試合の流れを一気に引き寄せる。阪神・北條史也内野手がバットでチームを鼓舞した。

 0-0の四回だった。2死一、二塁から高山が内野安打でつないで2死満塁。絶好機で北條に打席が巡ってきた。カウント1-1から小川が投じた3球目、外角のスライダーに食らいついた。体勢を崩されながらも打球は左翼前に落ちる。二走・糸原も生還して、2点の先制点を奪った。

 「2アウト満塁で、あそこで凡退したら試合の流れも来ていなかったと思う。(打席の中で)いろいろ考えていたので、追い込まれるまでに勝負できたのが、結果的によかったと思います」

 大山と併用で起用される三塁のポジション。4日・DeNA戦以来となるスタメンを任された。「(試合に)出た時にしっかり結果を出したいので。出ない時でもしっかり準備をして、結果を出せるようにしている」。この日も2安打をマークするなど、常に最高のパフォーマンスを残せるように備えている。

 CS進出へ厳しい状態だが、望みをつなぐためには勝つしかない。北條が目の前の試合に集中し、攻めの姿勢を崩すことなく、可能性がある限りチャンスを生かし続ける。

最終更新:9/12(木) 10:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事