ここから本文です

タイ代表のカリスマ・ティーラトン 西野サッカー「楽しい」

9/12(木) 16:36配信

東スポWeb

“西野タイ”が着実に進化を遂げている。タイ代表DFティーラトン(29=横浜M)が11日、3―0で勝ったW杯アジア2次予選インドネシア戦を終えて、同MFチャナティップ(25=札幌)とともに来日した。同戦では1ゴール1アシストの大活躍で、タイ代表の西野朗監督(64)にW杯予選初白星をもたらした。

 昨夏のロシアW杯で日本を16強に導いた西野監督が電撃就任して約2か月。タイ代表の主力として攻守で活躍するカリスマは、その指導について「すごく楽しいサッカー」と表現する。

「やりたいのは攻撃的なサッカー。今回は若い選手が多いし、選手は西野監督のやりたいことを全力で理解しようと勉強する姿勢がある。選手もコーチも前向き。そして僕たちは全力でプレーするし、西野監督の期待に応えたい。もっと面白いサッカーができると期待している」と確かな手応えをつかんでいる。

 ロシアW杯前、ドン底にいた日本代表を復活させた西野スタイルで“ほほ笑みの国”が初となるW杯切符をつかむ。

最終更新:9/12(木) 16:41
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事