ここから本文です

【DeNA】ラミレス監督、変幻自在タクトで逆転Vに望み「明日の試合が今季一番重要」

9/12(木) 6:06配信

スポーツ報知

◆DeNA10―4巨人(11日・横浜)

 DeNA・ラミレス監督が変幻自在のタクトで奇跡への可能性を残した。27戦ぶりの2ケタ得点で連敗を5で止め「投打がかみ合った」と満足そうだった。

【写真】ソト37号特大弾で破壊されたスコアボード!

 4点リードの6回は三嶋、砂田、藤岡と3投手を投入するマシンガン継投。2失点もリードはキープした。一方、リーグ最多68戦目の登板となったエスコバーにはイニングまたぎを託し、7回から2イニングを無失点で切り抜けた。。

 4点リードの5回2死満塁では井納に代打・梶谷を投入。右飛に倒れたが、そのまま右翼守備に残すと7回に貴重な2ランを放った。指揮官は「試合前から梶谷か神里かで迷っていた。途中で間違っていたかなと。梶谷は振れているし結果を出してくれた」と説明した。

 試合後には先月9日に左有鈎骨(ゆうこうこつ)摘出手術を行った宮崎を12日から1軍に昇格させることを決断。「明日の試合が今季、一番重要な試合になる」。つかんだ流れは離さない。

最終更新:9/13(金) 15:41
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事