ここから本文です

UQ mobile、縛り・違約金なしの「スマホプラン」10月から提供

9/12(木) 12:02配信

ITmedia NEWS

 格安SIMサービス「UQ mobile」を運営するUQコミュニケーションズは9月12日、契約期間と契約解除料を廃止した新料金プラン「スマホプラン」を発表した。9月24日に予約受付を開始し、10月1日から提供する予定。親会社であるKDDIとともに、契約解除料の値下げを求める総務省の要請に応じた形だ。

【図解】「スマホプラン」の詳細

 従来の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」などは25カ月の契約期間を設けており、26カ月目の更新月以外に解約した場合は9500円(税別、以下同)の契約解除料が必要だった。両プランの新規受付は9月30日に終了する。

 スマホプランの月額料金は、月間データ容量の上限が3GBの「S」が1980円、9GBの「M」が2980円、14GBの「L」が3980円。「UQ家族割」を適用した場合は、各プランの料金から500円を割り引く。

 音声通話は30秒ごとに20円の国内通話料がかかるが、割引オプションとして「かけ放題」(月額700円)と「通話パック」(月額500円)を用意する。前者は1回当たり10分までの国内通話がかけ放題になる。後者は1カ月当たり最大60分まで国内通話料がかからなくなる。

 UQ mobileは他社にMNP転出するユーザーに対し、契約解除料とは別にMNP転出手数料も課しているが、10月1日以降はこの金額も一部変更する。従来のMNP転出手数料は、支払いを開始した月から6カ月以内に転出する場合は6000円、6カ月以降に転出する場合は3000円だったが、変更後は一律3000円にする。

ITmedia NEWS

最終更新:9/12(木) 12:02
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事