ここから本文です

鹿児島・下荒田に「釣れたての魚」を提供する居酒屋

9/12(木) 16:48配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 居酒屋「あんぐらーずキッチン いちぜん」(鹿児島市下荒田、TEL 099-204-9582)が8月20日、オープンした。(鹿児島経済新聞)

自ら釣ってきた魚を調理

 店主の大野誠一さんは鹿児島遊釣倶楽部(kycチャンネル)のユーチューバーとしても活動中で、釣り好きや釣仲間が気楽に集える場所をつくりたいと開いた。店名の「あんぐらーず」は「釣り人」を意味するanglers(アングラーズ=複数)から。

 店内はコの字のカウンター11席と座敷席8席の計19席。これまで和洋中のさまざまな料理店で17年間経験を積んだ店主は「自分が釣ってきた新鮮な魚や手作りにこだわった料理を、時間を気にせずに楽しんでほしい」と話す。

 メニューは、「揚げなすの煮びたし」「ゴーヤの甘酢漬け」(以上378円)、「つぶ貝のうま煮」(648円)、「ヒラマサ刺し」「フエフキダイの刺し身」(以上918円)、「特製チキン南蛮」(756円)、「若鶏の塩唐揚げ」(702円)、「黒毛和牛ステーキ」(1,404円)などを用意。大野さんのお薦めは「刺身のお造りや魚料理」。

 「ハイボールは鹿児島ならではの珍しいものもあって喜ばれている」と大野さん。「桜島小ミみかんハイボール」「ぼんたんハイボール」「たんかんハイボール」(以上486円)などをそろえる。客単価は3,500~4,000円。

 営業時間は18時~23時00分。日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9/13(金) 18:15
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事