ここから本文です

94年のオークス馬チョウカイキャロル死す

9/12(木) 17:45配信

東スポWeb

 1994年のオークス馬チョウカイキャロルが12日に死んだことが分かった。28歳だった。同馬は、北海道浦河郡浦河町の谷川牧場で繋養され、余生を送っていた。

 所有者である谷川牧場代表の谷川貴英氏は「競走馬時代にヒシアマゾンという良きライバルがおり、94年のエリザベス女王杯同様にほんの少しだけ遅れて、天国に旅立ちました。先に旅立ったアマゾンと仲良く過ごし走り回っている姿が思い浮かびます。現役時代も引退してからもたくさんのファンの方に応援していただき、本当に幸せだったと思います」とコメントしている。

最終更新:9/12(木) 17:49
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事