ここから本文です

1件の脆弱性を修正した「Wireshark」v3.0.4/v2.6.11が公開

9/12(木) 13:00配信

Impress Watch

 オープンソースのネットワークプロトコルアナライザー「Wireshark」の最新安定版v3.0.4が、9月11日に公開された。本バージョンは不具合への対策が中心のメンテナンスアップデート。「Qt」や「Npcap」がアップデートされたほか、脆弱性の修正も行われている。

 リリースノートによると、今回修正された脆弱性は1件(CVE番号の割り当てはなし)。“Gryphon”プロトコルのディセクターが無限ループに陥る不具合が解決された。本脆弱性は旧バージョンにも影響するため、修正版のv2.6.11が同日付けでリリースされている。

 「Wireshark」はWindows/Mac/Linuxなどに対応しており、現在ソースコードとWindows/Mac向けのインストーラーが本ソフトの公式サイトから無償でダウンロード可能。また、Windows向け最新安定版のインストーラーは窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。

 なお、v2.4系統は7月19日で初回リリースから2年を迎え、サポート期間が満了した。新しいバージョンの提供はないので、後継バージョンへの移行が必要だ。

ソフトウェア情報「Wireshark」Windows向け安定版【著作権者】Gerald Combs and contributors【対応OS】Windows 7/8/10およびWindows Server 2008 R2/2012/2012 R2/2016/2019【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】3.0.4(19/9/11)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:9/12(木) 13:00
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事