ここから本文です

入江ゆき、出発前にチビッ子応援隊が駆けつけ「うれしい」 レスリング世界選手権へ出発

9/12(木) 12:19配信

スポーツ報知

 レスリングの世界選手権(14日開幕・カザフスタン)女子日本代表が12日、同大会に向けて羽田空港を出発。メダルを獲得すれば、20年東京五輪代表に決まる。女子50キロ級代表の入江ゆき(26)=自衛隊=のもとには出発前の空港へ、ファンの女の子・古田乙峰(おとね・5)さんがエールに駆けつけた。入江は「『世界一大好き、世界一強い』と言ってくれた。うれしいですね」と笑みがこぼれた。

 乙峰さんは2年前に全日本選手権で戦う入江の姿をテレビ観戦し、「超攻撃型でタックルが速い所」にくぎ付けになり、大ファンになった。約1年前から入江の試合の応援に度々足を運んでいる。今大会出発前にはスイスへ家族旅行に出かけ、山に登って「入江さんが世界一になりますように…」と願掛けも。また道中には“勇気”の花言葉を持つ植物・エーデルワイスを血眼になって探し、入江にプレゼントした。

 入江は直前の練習で左手首にけんしょう炎を負ったが「だいぶ治ってきたので試合には間に合う。楽しみです」。チビッ子ファンからのハグのエールを胸に五輪切符を狙う。

最終更新:9/13(金) 8:18
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事