ここから本文です

東・西日本、高温続く=熱中症、農作物管理注意-気象庁

9/12(木) 18:25配信

時事通信

 気象庁は12日、東・西日本での3日ごろからの高温が今後10日間程度続くとして、熱中症や農作物の管理に注意するよう呼び掛けた。

 最高気温の3~11日の平均は、大阪市で34.4度、名古屋市で33.9度、東京都心(千代田区)で32.0度に達した。

 12日発表の1カ月予報では、東・西日本と沖縄・奄美の平均気温は10月上旬まで平年より高い。北日本(北海道と東北)はほぼ平年並み。降水量は全国的にほぼ平年並みと予想される。 

最終更新:9/12(木) 18:33
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事