ここから本文です

巨人丸“ツイスト打法”で25号2ラン 岡本29号連続アーチでリード広げる

9/12(木) 19:46配信

デイリースポーツ

 「DeNA-巨人」(12日、横浜スタジアム)

 巨人が四回、丸、岡本の連続本塁打でリードを広げた。

【写真】ラミレス監督は“鬼采配” 二回途中で交代となった平良の表情は…

 まずは丸。1死一塁から高め直球を振り抜き、右翼席へ25号2ランを放った。ボールを引きつけ、振り抜いた後も体の開きを押さえ込む“ツイスト打法”で、顔は三塁方向を向いたまま、打球をスタンドまで運んだ。阿部が主に練習で取り入れている打法だが、丸は試合でも実践して結果に結びつけた。

 押せ押せとなった直後、4番岡本は左翼席へ29号ソロ。ライバルDeNAとの重要な一戦で、6-1とした。

最終更新:9/12(木) 20:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事