ここから本文です

阪神・高橋遥が自己ワースト8失点で降板「前回に続いてふがいない」2試合連続KO

9/12(木) 20:39配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(12日、甲子園球場)

 阪神の先発・高橋遥が4回7安打、自己ワーストとなる8失点でマウンドを降りた。

【写真】矢野監督が公開説教 遥人はベンチで涙…

 立ち上がりに主導権を握られた。初回、先頭の広岡に右翼線への三塁打を浴びると、山田哲に左前適時打を許して先制点を献上。さらに続くバレンティンには、バックスクリーン右に運ばれる2ランを被弾した。

 二回を三者凡退に片付け、三回も無失点に抑えていた左腕は、四回に再びつかまった。先頭のバレンティンに左翼線への二塁打、続く雄平に右前打でつながれ、村上に四球を与えて無死満塁の大ピンチを招いた。ここで中村の犠飛で1点を追加されると、1死一、三塁から奥村の打球が投ゴロ失策となってさらにもう1点を失った。

 その後2死までこぎつけたが、広岡と塩見に連続適時打を許し、この回一挙5失点。降板後、左腕は球団広報を通じて「前回に続いてふがいない投球をしてしまい、チームに申し訳ないです」とコメントした。高橋遥は前回登板した6日の広島戦(マツダ)でも4回8安打6失点と試合を作れなかった。2試合連続でのKO劇が、チームに重くのしかかった。

最終更新:9/12(木) 21:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事