ここから本文です

三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良

9/12(木) 15:41配信

Impress Watch

 三菱自動車工業は9月12日、「アウトランダーPHEV」を一部改良して発売した。アウトランダーシリーズ専用設計のオーディオシステムや、スマートフォン連携ナビゲーションなどを新たに設定し、価格は386万7480円~519万8040円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 主な変更点としては、アウトランダーシリーズ専用に設計された「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに設定。510Wのパワーアンプと8スピーカーシステムで、クリアかつ存在感のある音質を実現。室内形状やスピーカー位置に合わせて専用の音響チューニングを施すことで、心地よい透明感のあるサウンドを実現した。

 また、新たに「スマートフォン連携ナビゲーション」を設定。内蔵地図によるルート案内やVICS交通情報対応といった便利な機能に加え、AndroidスマホやiPhoneをUSBポートにつなぐだけで、Android AutoやApple CarPlayを利用できる。また、ディスプレイ画面を8インチに拡大することで、見やすさと操作性を向上させた。

 エクステリアでは、ボディカラーに「レッドダイヤモンド」を新たに設定し、全10色を用意。インテリアでは、 腰部を適度に支持して運転姿勢を適正化させるパワーランバーサポート機能を運転席に採用したほか、助手席には、G Limited Editionを除く全車にパワーシートを標準装備させた。また、セカンドシートの形状およびクッションを見直し、サポート性を向上させている。

Car Watch,編集部:瀬戸 学

最終更新:9/12(木) 15:41
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事