ここから本文です

巨人快勝、マジック2つ減らして「7」に “マルオカ”6度目アベック弾 丸は2発5打点大暴れ

9/12(木) 21:38配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 巨人8―5DeNA(2019年9月12日 横浜)

 巨人が丸&岡本の今季6度目となるアベック弾などでDeNAに8―5で快勝。10日に「9」が再点灯した優勝マジックを初めて減らして一気に「7」とした。最短Vは16日。2位のDeNAは再び5ゲーム差と引き離された。

【写真】天才的!ツイスト打法で25号2ランを放った丸

 巨人は初回に亀井、坂本勇の連打で無死一、二塁とし、3連打目となる丸の左前適時打で先制すると併殺打崩れでもう1点加えて2点を先取。2―1で迎えた3回には田中俊の犠飛で1点を加えて3―1とし、4回には丸が右越え25号2ラン、岡本が左越え29号ソロと2者連続アーチを放って6―1とリードを5点に広げた。

 投げては先発投手のドラフト1位ルーキー左腕・高橋が勝利投手目前の5回途中に3失点で降板したが、3番手の左腕・田口が6、7回の2イニングを6人でピシャリと抑えるパーフェクトリリーフ。8回には丸がこの試合2本目となる26号2ランを左翼スタンドへ叩き込んで試合を決めた。

 DeNAは2回にソトが前日の最終打席から2打席連発、前日から6打席4発目となる40号を放ち、球団ではウッズ以来15年ぶり2人目となる2年連続40本塁打を達成して1点差に迫ったが、投手陣が持ちこたえられなかった。

最終更新:9/12(木) 22:14
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事