ここから本文です

測定技術など4展示会開幕 東京ビッグサイト

9/12(木) 7:35配信

SankeiBiz

 測定などの産業技術に関する4つの展示会と地盤技術に関する展示会「地盤技術フォーラム2019」が11日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した。同日は経済産業省製造産業局産業機械課の池田秀俊課長補佐が今回の全展示会に共通する「Connected Industries」をテーマに基調講演し、デジタル化やグローバル化が世界の経済、産業に大きな変化を促している現状を紹介。「企業や技術などがさまざまにつながることで新たな付加価値を創出するとともに社会課題を解決する」と説明した。

 展示会には開場とともに多くの来場者が詰めかけた。11日に開幕した展示会の一つである測定計測展2019(主催・日本光学測定機工業会、日本精密測定機器工業会)の会場には最先端の測定機器やサービスが集結した。ニコンのブースでは微小な電子部品などの寸法を画像処理技術で正確かつ容易に測定するCNC画像測定システムを出展。担当者は「これまでの手作業を自動化することで人手不足に対応できる」とアピールしていた。

 一方、ミツトヨは、島津製作所とのコラボレーションで展開している計測用のX線CTシステムを出展した。これは樹脂や軽金属部品内部の寸法を非破壊で3次元計測するもの。担当者は「これまで困難だった深い穴の内寸測定なども可能で、観察や解析もできるなど作業効率も大幅に高まる」と強調した。

 会場では、他の展示会とともに最新技術などに関するシンポジウムやセミナーなども連日開かれる。入場は無料。会期は13日まで。

最終更新:9/12(木) 7:35
SankeiBiz

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事