ここから本文です

どんな服や下着を着ていても性的同意にはならない。「#私がそれを着たいから」に込めた思い

9/12(木) 12:32配信

BuzzFeed Japan

氏名と顔を公表して性暴力の被害を訴えているジャーナリストの伊藤詩織さん。

彼女は9月11日夜、性暴力に抗議し、被害者の連帯を訴える「フラワーデモ」に参加し、初めてマイクを握った。

この日、被害に遭ったという日に着ていた服を身にまとい聴衆の前に立つと、メッセージを伝えた。

「どんな服や下着を着ていても、どんな状況に置かれても、同意がなければ同意ではありません」【BuzzFeed Japan/瀬谷 健介】

デモは今年3月、性暴力事件の無罪判決が相次いで報道されたことを受けて始まった。

4月から6月の毎月11日に開かれ、4回目となった今回は雨天中止にする地域もあったが、全国17都市で同じ日に実施された。

このデモが呼びかけるのは「花」を持って集まること。

初開催の時から、「声をあげた性暴力被害者へ、声をあげられない被害者へ、そして私たちは性暴力を許さないという声をあげ続ける、そのために共にいる」という『#WithYou』 の思いを込めた花をそれぞれが身につけることだけを決め、集ったのだという。

この日の東京のデモでも、花を持った人や、花をモチーフにしたものを身につけた人が集まり、『#WithYou』や『#MeToo』のプラカードを掲げる人がいた。

そして、被害の当事者や家族に当事者がいる人らがマイクを持って、それぞれの思いの丈を述べた。

伊藤さんがデモに参加したのは2回目。スピーチをしたのは初めてだという。

白いカーディガン、黒いブラウス、黒いパンツ姿だった。靴だけは異なるが、被害を受けたという当日に着ていた服だったという。

マイクを握った伊藤さんは「今日、一番お話したいことがあって、それは性的同意についてです」と話を始めた。

「4年前に被害に遭ったときの服を着てきました。それからこの服を着るのに、すごく抵抗があって、着たことがなかったです」

「だけど、やっぱり『あなたの着ていたものが悪かったから』『挑発的だったから』『下着がこうだったんでしょ?』とそういった言葉が尽きなかった。それで、今日はみなさんの前に出て、私はこれを着ていましたと伝えたくて来ました」

1/3ページ

最終更新:9/12(木) 13:04
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事