ここから本文です

【ファーム】レオのサブマリンがデビュー!DeNA・伊藤裕は3戦連発

9/12(木) 19:30配信

イレブンスポーツ

● 西武 3 - 7 DeNA ○

(C)イレブンスポーツ

イースタン・リーグ公式戦
<西武第二 9月12日>
▼ スコア
De|001 101 004|7
西|010 100 001|3

 西武は終盤に競り負けて3連勝ならず。それでも2年目の育成右腕・與座海人、育成ルーキー・大窪士夢がプロ初登板を果たし、支配下登録へ向けて大きな一歩を踏み出した。

 與座は2017年のドラフト5位で西武に入団するも、昨秋に右肘手術を受けてここまで公式戦登板なし。育成契約として再出発の2年目で、この日先発としてマウンドに上がると、かつて西武投手陣を支えた牧田和久を彷彿とさせる投球フォームで緩急自在にDeNA打線を翻弄。1奪三振含む2イニング連続三者凡退で2回無失点、パーフェクトピッチングで“プロ初登板”を飾った。

 一方、3回からマウンドに上がった19歳・大窪は、3回の先頭・知野直人に中越えの一発を被弾。続く2回にも失点して2回2失点。こちらはほろ苦いデビューマウンドとなった。

 打線は7番・斉藤彰吾が4打数3安打、1打点の活躍を見せるも、5回以降はなかなか得点を奪えない展開に。逆に1点ビハインドの9回に7番手・松本直晃が伊藤裕季也に3試合連発となる14号2ランを浴びるなど、4点を失って勝負あり。

 7回に押し出しで決勝点を献上した廖任磊が2敗目、6回2失点(自責1)とゲームメイクしたDeNA・大貫晋一が今季3勝目(1敗)を手にしている。

○ ロッテ 3x - 2 日本ハム ●

イースタン・リーグ公式戦
<ロッテ浦和 9月12日>
▼ スコア
日|000 002 000 0 |2
ロ|000 100 001 1x|3

 ロッテが延長戦の末にサヨナラ勝ち。最後は代打・高濱卓也が決勝打を放ち試合を決めた。

 ロッテは4回に松田進の5号ソロで先制するも、6回に4番手・永野将司が二死から3連続四死球で満塁のピンチを招いて、5番手・関谷亮太がまさかの2連続押し出し。ノーヒットで逆転を許してしまう。

 それでも1点を追う9回に敵失をきっかけに9番・宗接唯人が同点打。さらに10回、3つの四球で二死満塁の場面を迎えて、代打・高濱がセンター前へ決勝打。初球を仕留めて試合を決めた。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 19:30
イレブンスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(金) 6:10

あなたにおすすめの記事