ここから本文です

2013年の松井裕樹世代はプロ選手豊作の年!過去8年のU18メンバーのプロ入りリストから分かること

9/12(木) 6:09配信

高校野球ドットコム

 甲子園で活躍した選手を中心に、その年代の逸材を集めたドリームチームを作って国際大会に出場するU-18日本代表。その年の全国屈指の優秀選手を集めるので、勿論U-18からプロに入る選手は多い。今回は2011年から2018年までのU-18メンバーの中でプロ入りした選手をまとめた。
※なお、複数回U-18に選出されている選手は3年時の年だけでなく、全ての年に記載。

【フォトコラム】U-18ワールドカップで見つけた世界の「ナイスガイ」はキミだ!

 まとめてみると高校卒業後、直接プロにいった選手が圧倒的に多い。U-18日本代表メンバーは毎年20人選考されるが、高卒だけでも7人以上は直接プロの世界に飛び込む。その中でもU-18からのプロ入りが一番多い年で2013年の14人。高卒時点で既に半数以上がプロにいっている。

 2015年以降の大卒以上はまだこれからドラフトという選手が多いので、さらに増える可能性は大いにある。特に今年のドラフトで1位競合が予想される明治大の森下 暢仁選手は2015年に大分商の投手でU-18に選出。大学日本代表としても活躍しており、注目が集まる。

2011年リスト

原 樹理(東洋大姫路 東洋大 東京ヤクルト)
釜田 佳直(金沢高 東北楽天)
歳内 宏明(聖光学院 阪神)
松本 竜也(英明 読売)
北方 悠誠(唐津商 横浜DeNA 現ドジャース傘下)
野田 昇吾(鹿児島実 西濃運輸 埼玉西武)
近藤 健介(横浜 北海道日本ハム)
横尾 俊建(日大三 慶応大 北海道日本ハム)
高橋 周平(東海大甲府 中日)
北川 倫太郎(明徳義塾 東北楽天)
高卒 7人
大卒 2人
社会人 1人

2012年リスト

大谷 翔平(花巻東 北海道日本ハム エンゼルス)
濱田 達郎(愛工大名電 中日)
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭 阪神)
大塚 尚仁(九州学院 東北楽天)
田村 龍弘(光星学院 千葉ロッテ)
中道 勝士(智辯学園 明治大 オリックス)
森 友哉(大阪桐蔭 埼玉西武)
北條 史也(光星学院 阪神)
高橋 大樹(龍谷大平安 広島東洋)
高卒 8人
大卒 1人

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 6:31
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 14:05

あなたにおすすめの記事