ここから本文です

その魅力はシーズンレス! 食のプロが太鼓判を押す京都の手土産4選

9/12(木) 6:30配信

食べログマガジン

2019年の夏も多くの観光客で賑わった京都。古都として栄えた歴史が街の魅力を作っているのはもちろん、たくさんの美味に出会える美食都市でもあります。夏の名残を惜しみながら秋を迎えるこの季節に、ぜひ買い求めたい手土産候補をフードジャーナリストの小松宏子さんがセレクト。京都のグルメ事情にも詳しい小松さんのチョイスは、どれも間違いなしのおいしさです。年末年始のご挨拶や自分へのご褒美にプチギフトまで、ぜひお店とともにチェックしておきたい逸品揃いです。

1. 「緒方」の鱧ご飯のタレをからめたぬれせんべい 緒方おせんべい鱧山椒

小粒ながら、もちっとしたぬれせんにたっぷりしみ込んでいるのは、ミシュラン二つ星、旬菜「緒方」の締めご飯の名物「特製鱧だれご飯」の鱧だれです。ぴりりと効いた上質な山椒のアクセントと、醤油の香るコクのある鱧のたれが相まって、お茶請けとしてだけでなく、赤ワインのおつまみにもぴったり。食べ始めたら止まらないおいしさです。

鱧と言えば祇園祭にも欠かせない、京都の夏の美味を代表する素材です。その昔から、海の遠い京都まで生きて運ばれる精の強さが珍重されると同時に、淡泊なのに滋味深い味わいが古くから美食家を虜にしてきました。

そして緒方といえば、至高の素材のそぎ落とした扱いでは右に出るものなしの予約超困難店。そんな緒方の鱧だれを用いたおせんべいといえば、おいしいもの好きなら、興味を惹かれないはずがありません。実はこの鱧だれは、鱧の時期を通して店でとっている、鱧の骨や身をことことと煮出した鱧のエキスに醤油や山椒を加えたもの。料理以外にも使えないかと考え、名品・鱧せんべいが生まれました。

長い身を折り曲げて休む姿から、「つの字」と呼ばれる鱧。つの字をイメージしたくるりと丸い器。ふたの部分は緒方の天井に使われている竹を模した型押し。パッケージも高級感たっぷりで、晩夏の手土産にもぴったりです。

インターネットでの申し込み、またはTEL(075-344-8000)で予約。お店での受け取りは12:00~17:00に。

1/3ページ

最終更新:9/12(木) 6:30
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事