ここから本文です

山口・小学生が柳井縞の機織りに挑戦

9/12(木) 13:29配信

yab山口朝日放送

山口朝日放送

山口県柳井市の小学生が地元の伝統工芸、柳井縞の機織りに挑戦しています。
江戸時代に作られ始めた柳井縞は、木綿の糸で手織りした縦じま模様が特徴の織物です。地元の伝統工芸を受け継ごうと柳井市の小田小学校の6年生9人が柳井縞の機織りに挑戦しています。取り組みは5年前から毎年授業の一環として行われています。児童は柳井商工高校の生徒に機織り機の使い方を教わりながら、丁寧に織り進めていきました。
(男の子)
「初めてだけどこんなに楽しくできるのがワクワクします。」
児童は3カ月かけて4メートルほどの長さまで織ったあとポケットティッシュのケースなどを作り来年1月の発表会で展示する予定です。

最終更新:9/12(木) 13:29
yab山口朝日放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事