ここから本文です

酸味×辛さがたまらない! いま注目すべきカレーは「ポークビンダルー」

9/12(木) 6:32配信

食べログマガジン

なんだか最近目にする機会が増えた気がする……そんな、“今まさにキテる”フードをご紹介。今回は、専門店が登場するなど、ジワジワとブームの加速度を増している注目のカレー「ポークビンダルー」について、カレーおじさん\(^o^)/に教えてもらいました!

【今これがキテる!】~ポークビンダルー編~「ポークビンダルー」ってどんなカレー?

「ポークビンダルー」とは、インド西海岸のゴア地方の名物料理で、ビネガーに漬け込んだ豚肉を使った、酸味と辛味が特徴のカレー。最近では、スパイスカレーのお店などでよく見かけるメニューで、日本人の味覚にも合う料理です。

日本でも大人気のメニューですが、実際にゴアに行くとおいしいポークビンダルーを食べられるお店が意外と少ないという話や、イギリスでポークビンダルーといえば激辛のじゃがいも入りカレーのことだという話もあり、現代の日本で市民権を得つつあるポークビンダルーという料理は、ゴア地方の調理方法を踏襲した上で独自の発展をしている料理と言えるかもしれません。

元々ゴアがポルトガル領だったこともあり、ポルトガル料理である「カルネ・デ・ヴィーニャ・ダリョシュ」(豚肉をビネガーに漬けこんでから煮込む料理)がインドに伝わり、インド流に香辛料を追加されて進化したものがポークビンダルーの発祥だといわれているのですが、そういう意味でも元々異文化ミックス料理だったわけで、現在日本で流行している異文化ミックスカレーとも言えるスパイスカレーの精神性と近い部分があると言えますね。

日本でポークビンダルーというメニューが注目されるようになったのは、2011年頃が最初だったように記憶しています。東京・八重洲「エリックサウス」の初期メニューにミニ黒パンと一緒に食べるおつまみ的なポークビンダルーがあって、それが常連の間で人気となり、他のお店でも少しずつ増えてきたように思います。

2012年には、まだ間借りカレーブームが来る前から週末間借りスタイルで行列店となっていた、東京・森下「上亀」のレギュラーメニューにポークビンダルーがあり、そこで初めてポークビンダルーと出会ったという方も少なくないでしょう。そして、東京・北千住にポークビンダルー1品勝負のお店「カリーライス山」が登場(現在は無期限休止中)したのが2013年。当時「ポークビンダルーなんて一般にはまだ知られていないメニューだけで勝負するなんて凄い!」と感心したものです。

1/3ページ

最終更新:9/12(木) 6:32
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事