ここから本文です

日本海側中心に晴天多い 北日本は気温変動大 気象庁1か月予報

9/12(木) 15:01配信

ウェザーマップ

 気象庁は12日、向こう1か月(9/14~10/13)の天候の見通しを発表した。東・西日本と沖縄・奄美は暖かい空気に覆われやすく、向こう1か月の気温は高い見込み。北日本では、期間のはじめは気温が高く、かなり高い所もあるが、2週目(9/21~9/27)は冷たい空気が流れ込んで平年並みか低い予想で、気温の変動が大きくなりそうだ。

 週ごとの予報によると、1週目(9/14~9/20)の東日本日本海側と西日本は、南からの湿った空気の影響を受けにくいため、平年に比べて晴れの日が多くなりそうだ。一方、沖縄・奄美は、熱帯低気圧や湿った空気の影響で、平年に比べて晴れの日が少ない見込み。
 気温は平年より高い地方が多く、特に奄美では18日(水)頃からの5日間ほどは、かなり高くなりそうだ。このため、鹿児島地方気象台は奄美に「高温に関する早期天候情報」を発表して、農作物の管理等や熱中症対策など健康管理に注意するよう呼びかけている。

 2週目(9/21~9/27)は、北日本日本海側、東日本日本海側、西日本で平年に比べて晴れの日が多い見通し。一方、東日本太平洋側では、平年と同様に曇りや雨の日が多くなりそうだ。北日本では大陸の高気圧に覆われ、冷たい空気が流れ込みやすい予想で、1週目との気温変動が大きくなりそうだ。
 
 3~4週目(9/28~10/11)は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並みか高い見込み。東日本太平洋側は平年と同様に曇りや雨の日が多いが、西日本は南からの湿った空気の影響を受けにくく、平年に比べて晴れの日が多くなりそうだ。

最終更新:9/12(木) 15:01
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事