ここから本文です

プロ初長打!巨人の若きスラッガー・山下航汰が順調にステップアップできるワケ

9/12(木) 11:52配信

高校野球ドットコム

9月11日、巨人の期待の高卒1年目・山下 航汰(健大高崎)が、横浜DeNA戦で初長打を放った。

【ギャラリー】高校時代の山下航汰

 健大高崎時代は高校通算75本塁打を誇るスラッガーとして注目を浴びた山下。ここまで二軍成績は81試合に出場し、5本塁打、33打点、打率.349をマークし、打率はイースタンリーグのトップに躍り出ていた。このまま二軍に居続ければ、規定打席に到達し、高卒新人でいきなり首位打者を狙える成績だったが、8月29日に一軍出場。
 そして、9月4日に初安打を放つと、11日には初長打を記録。順調に結果を残している。

 山下は、育成枠入団から7月に支配下登録となったが、高卒新人とは思えない打撃センスをみせている。これまでの歩みを振り返ると、山下の努力家の一面が、その急成長ぶりを支えている。

 ダルビッシュ有などを輩出した羽曳野ボーイズ出身の山下は、中学2年時は冬休みに毎日1000本の素振りを行ってきたというが、従来、羽曳野ボーイズは「トップを大きく取ってフルスイングを行う」という指導方針がある。
 その方針と、日々の振り込みの成果が実り、中学3年時は一年間で20本塁打を放ち、スラッガーとしての才能を開花。その年は、ジャイアンツカップ優勝も経験する。

 自信をもって健大高崎に入学したが、高校1年時は、高校のレベルの高さに苦しみ、1本塁打しか打てなかった。そこで1年冬に、ドアスイングだったスイング軌道を改善。2年春の選抜では2本の満塁本塁打。さらに、夏の群馬大会では5本塁打を放つなど、この年は合計47本の本塁打を放つ。

 高校2年冬、インコース打ちが課題だった山下は当時、在籍していた葛原美峰コーチとマンツーマン指導の下、インコースを本塁打にするなど、高校通算75本塁打に達した。夏が終わっても、山下は葛原コーチから木製バットの対応の仕方を学びながら、練習を積み、プロ入りへ向けて、準備をしてきた。

 プロ入りしてからも、横浜、巨人の主砲として通算360本塁打を放った村田修一二軍打撃コーチに、積極的に質問しながら、バッティング技術を磨いてきた。

 優勝争いを続ける巨人だが、この緊迫とした雰囲気の中、試合に出場し続けることは山下の成長の糧になるだろう。期待のルーキー・山下のバッティングに注目だ。

最終更新:9/12(木) 11:52
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事