ここから本文です

謙虚な姿勢をみせるコウチーニョ 恩師からのメッセージに感謝

9/12(木) 8:18配信

SPORT.es

バルサで長く困難な時期を経験したコウチーニョ。11日のペルー戦終了後のインタビューでバイエルン・ミュンヘンでの抱負について質問を受け「サッカーの世界ではなんでも起こり得る。僕はミュンヘンでとても幸せだ。良いシーズンにしたい」と語った。

クロップ告白 コウチーニョ復帰の可能性があった「バルサは142億円を要求した」


一方でバルサからミュンヘンへの移籍が決まった際にリヴァプール監督ユルゲン・クロップからメッセージを受け取ったと語った。


「彼からメッセージが届き、幸運を祈るとあった。彼は僕にバイエルンは偉大なクラブで、ブンデスリーガは僕が来て満足していることだろう、と言った。彼は偉大な指導者で、世界最高の監督の一人だ。彼は真のリーダーだ。彼のもとで多くを学んだ。特にメンタルに関して。彼と一緒に働けてとても誇らしい」


またコウチーニョは「自分のことをスターだなんて全く思わない。僕はできる限り最高のコウチーニョになりたい」と語り、その謙虚な性格を見せた。

SPORT.es

最終更新:9/12(木) 8:37
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事