ここから本文です

イタリアで200年以上愛される老舗カフェ「COVA」が銀座にオープン 内装はミラノ旗艦店を再現

9/12(木) 21:30配信

アーバン ライフ メトロ

ラグジュアリー空間、メニューはミラノ本店と同じ内容を提供

 イタリア・ミラノにある1817年創業のパスティッチェリア(パティスリー&カフェ)「COVA」が、GINZA SIXに2019年9月12日(木)にオープンしました。

銀座COVAのアフタヌーンティーやスイーツたち(19枚)

 イタリアで最も古いパスティッチェリアのひとつであるCOVA。2013(平成25)年にLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)の傘下に入り、現在、ミラノのモンテナポレオーネ本店を含む世界の20を超える店舗で展開されています。同店は優れた商品、卓越したサービス、エレガントで洗練された内装に定評があり、長年受け継がれた職人技とクリエイティヴィティーを誇っています。

 銀座にオープンした「Cafe Cova Milano GINZA SIX」は、ミラノの旗艦店を再現。アンティークミラーやビロードのソファー、クリスタルのシャンデリア、金色の縁と真鍮で仕上げられた天然大理石を使ったマホガニーのカウンターなどが設置され、ラグジュアリーな空間が広がります。

 カフェでは、定番のエスプレッソやカプチーノをはじめ、人気のリゾットを楽しめるランチ、アフタヌーンティーを用意。アフタヌーンティーは、COVAのアイコンメニューであるサーケル(チョコレートケーキ)やミモザケーキなどを味わえます。

 メニューはミラノ本店のエグゼクティブ・シェフが監修し、本店と同じ内容を提供しています。また、日本オリジナルでハイティーセットも用意。さらには、カクテル類も豊富に揃ったアペリティーボも楽しめ、あらゆる時間で活用できます。

 ギフトコレクションは、チョコレートボックス、季節ごとに替わるペーストリーなどは、バリエーション豊富なラインナップです。ホリデーシーズンの象徴的な存在となっているパネットーネ(イタリアの伝統的な発酵菓子パン)は、19世紀初頭から続く門外不出のレシピで現在も作られていて、世界中で人気です。

 銀座の喧騒から逃れたくなったら、同店で非日常感たっぷりにちょっとしたミラノ気分に浸ってみては。11月には渋谷にもオープン予定です。

ULM編集部

最終更新:9/12(木) 21:30
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事