ここから本文です

日産 新型ジューク、やはり日本スルー!?

9/12(木) 16:20配信

MOTA

フランクフルトショーに姿なし

「なぜ、このタイミングで欧州?」

日産は2019年9月3日、フルモデルチェンジした新型ジュークを欧州各地での日産独自イベントで発表した。日本人としては、なんとも唐突な出来事に思える。

■大刷新! 新型ジュークの内外装を画像で見る

理由その1:モーターショー不遇時代の到来

筆者が考える理由その1は、2019年9月10日からプレスデーが開催される、独フランクフルトショーに日産は未出展だからだ。欧州市場向けの新車発表は通常、9月に隔年開催されるフランクフルトショーかパリモーターショー、または3月開催のジュネーブショーで行うのが業界の常識だった。

ところが、2018年のパリモーターショーを皮切りに、全世界の主要モーターショーでは軒並み出展社数が一気に減少する緊急事態となった。日産としては以前から、世界でのモーターショー出展の効率化を掲げて、出展先を絞ってきたが、そうした動きが業界全体の動きを見据えてさらに加速したかたちだ。

筆者はいま、本稿をフランフルトショー・プレスデー二日目の現場で書いているが、こうしたモーターショー不遇の時代が一気に訪れたことに驚きを隠せない。

理由その2:イギリスのブレグジット(EU離脱)との絡み

理由その2は、イギリスのブレグジット(EU離脱)との絡みだ。ジョンソン首相と議会との一進一退の攻防が続く中、日産としてはジュークをはじめとする欧州向け製造拠点の在り方について見直しを迫られている。

ホンダは、2019年4月に英国からの生産撤退の準備に入ることを発表。日産としても、生産調整で済むのか、それとも完全撤退かとの選択が迫られている状況だ。

こうした中で、英国工場の従業員や英国政府を含めて、欧州内で働く日産関係者に向けて、新型ジュークの姿をまず見せる必要があったのではないだろうか。

以上のような政治的な背景のほか、ジュークにはもっと深い、根本的な課題がある。
それが、日本市場への導入に大きく関わる。

そもそも異端児

「まさか、このデザインで世に出るとは思わなかったでしょう?」

2010年にジュークがデビューした際、日産のデザイン本部長(当時)だった中村 史郎氏が筆者に向かって自慢げな顔を見せたことを、いまでもはっきりと覚えている。 

中村氏によると、ジュークについては、あまりにも奇抜なデザインであることに対して日産社内でも賛否両論があったという。ジュークは、日産の異端児なのだ。

それでも、当時の日産経営陣の中には、リーフによるEV改革、そして各種クロスオーバーSUVによって新しいマーケット創造のためのブレイクスルーが必然だと考えがあり、そうした思いがジューク誕生を後押しした。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 16:20
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事