ここから本文です

フェラーリがF8 Spiderを発表!

9/12(木) 16:36配信

MOTA

フェラーリがF8 Spiderを発表

2019年9月9日、フェラーリはミッドリアにV8を搭載した新世代のドロップトップスポーツカーF8 Spiderを発表した。

■スーパーカーの代名詞であるフェラーリが発表したF8 Spiderの画像を見る(9枚)

エンジンオブザイヤーを4年連続受賞したエンジンの進化版を搭載

Ferrari F8 Spider は、ベルリネッタのF8 Tributoと並行して設計され、Prancing Horse(跳ね馬)ならではのコンパクトで効率的なRHT(リトラクタブルハードトップ)を備えている。
F8 Spiderは1977年に308GTSで始まったシリーズ最新のモデルであり、同カテゴリーの488 Spiderよりもスポーティーに仕上げられている。
搭載されるV8エンジンは、4年連続(2016年、2017年、2018年、2019年)で「インターナショナルエンジンオブザイヤー」に輝き、過去20年間で最高のエンジンに選ばれた賞の歴史において偉業を成し遂げたV8の進化版だ。
488Spiderに替わるF8 Spiderは、諸元のすべてを改善させている。先代モデルより最高出力を 50cvも向上させ、加えて20kgの軽量化も実現させている。究極の488 Pista Spiderと比べても20kg重いだけだ。
F8 Spiderは、空力効率も大幅に向上させており、サイドスリップアングルコントロールシステムは最新の6.1バージョンを搭載している。

F8 Spiderの主な特長

■エンジン
V8エンジンは排気量3902ccのユニットは出力720cv/8000rpmを誇り比出力は185cv/lだ。最大トルクは770Nm/3250rpmだ。
また488Spiderに比べて50cvの出力強化を図るべく、新しいエアインテークラインは488 Challengeのラインをダイレクトに継承したタイプが採用されている。
F8 Spiderではエアインテークをサイドからリアに移し、ブロウンスポイラーの左右に設置した上でインテークプレナムに直結させている。これにより損失を大幅に低減しつつエンジンへの吸気量を増やし、出力増加を図っている。
さらにアダプティブ・パフォーマンス・ローンチは車輌の加速時にグリップを分析し、電子制御によって路面のグリップレベルに合わせて伝達トルクを最適化し、ホイールの空転を最小限に抑え、加速を最大化する。
■デザイン
フェラーリスタイリングセンターによってデザインされたF8 Spiderは、フェラーリの重要な特徴である高性能と究極の空力効率を盛り込んで強調する新たなデザイン原則の方向性を創出したF8 Tributoを継承している。
デザイン全体で重要視したことは、ボディとルーフの分離ラインを従来のベルトライン(搭乗者の肩の高さ)からBピラーの上へ移行させることだった。これによってトップは、一層コンパクトで平坦になった。その結果トップを2パーツに分割してエンジン上部に収容することが出来るようになった。
■エクステリア
フロントビューはフロントエンド全体を再設計したS-Ductによって特徴付けられている。最も顕著な例は水平配置のLEDヘッドライトだ。
リアスポイラーは再設計され、より大きくなりテールライトの周囲を包み込むことで、視覚的に車輌の重心を下げ伝統的なツインライトクラスターとボディカラーのテールと一体化する。
その他のスタイリングに関しては伝説的なシリーズの最初のモデル、308 GTBのような初期の8気筒ベルリネッタからもヒントを得ている。
■コックピット
F8 Spiderのコックピットはフェラーリのミッドリアエンジンベルリネッタにみられる典型的なドライバー志向のクラシックな外観を保持している。
F1マシン同様にドライバーと車の一体化を図るコンセプトを導入し、すべてのコントロールが新世代ステアリングホイールに搭載されている。またスポーティーシートも最新型である。
■エアロダイナミクス
F8 SpiderはフェラーリのGTなどのレースで培った最先端の空力ソリューションと革新的技術を取り入れた。
F8 Spiderのフロントラジエターの位置(488 Spider とは異なり、後傾させて搭載)は冷却の面で有益だが、ダウンフォースを生成するアンダーボディの表面積を縮小させてしまう。そのためラジエターを抜ける気流とフロントホイールで発生する乱流との積極的な相互作用によって、ドラッグ低減を図ると同時に最大のダウンフォースが獲得できるよう熱気を放散するラジエターアウトレット部の形状を再設計した。その結果、488 Spider と比較して車輌全体の効率が10%向上している。

主なスペック

■全長:4611mm
■全幅:1979mm
■全高:1206mm
■ホイールベース:2650mm
■重量:1400kg
■総排気量:3902cc
■最高出力:530kW(720PS)/8000rpm
■最大トルク:770Nm/3250rpm
■許容最高回転数:8000rpm
■トランスミッション:7速 デュアルクラッチ F1ギアボックス
■0-100 km/h 2.90 秒、0-200 km/h 8.2 秒、最高速度 340 km/h

MOTA編集部

最終更新:9/12(木) 16:36
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事