ここから本文です

「最後に1回だけ頭をなでてほしい」中井貴一を女手一つで厳しく育てた亡き母との思い出を初告白

9/12(木) 22:02配信

FNN.jpプライムオンライン

シリアスからコミカルまで数多くの代表作を持つ俳優・中井貴一さん。

9月12日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、これまで誰にも語ってこなかった今は亡き父親と母親の特別なエピソードを番組MC・坂上忍に明かした。

【画像】中井貴一が高倉健から“預かった”宝物の腕時計

出世作での“鬼演出家”とのエピソード

意外にも初対面という2人がやってきたのは、中井さんが学生時代から通い続ける神奈川県葉山町にある海沿いのレストラン。

中井さんは「わざわざ車の免許を取って海に行くのが絶対だった。当時、海の見えるレストランなんてなかったから、ここに行くのが目標だった」と明かした。坂上が「ここに(女性を)連れてくると落ちやすい?」と聞くと、「逆!落ちた後に来る。ここに来て落すようじゃダメ。この人ならごちそうしたいと思える人じゃないと、当時はそこにお金をかけられないから」と、おちゃめな一面をうかがわせた。

そんな中井さんにとって憧れのお店でまずは、過去の中井さん主演ドラマを振り返る。

当時問題となっていた学歴差別を題材にし15年に渡る人気シリーズとなったドラマが中井さんの出世作となった「ふぞろいの林檎たち」。


このドラマの演出家・鴨下信一さんは、かつて俳優らに“鬼演出家”として恐れられた演出家で、中井さんは「朝9時に顔を合わせて、脚本読みやって昼から立ち稽古をやって、家に着いたのが夜の11時。この間、怒鳴られっぱなし。そのときに引退を考えた。今の子はずるい、周りが優しいもん。働き方改革とか、パワハラとか、セクハラって何だよ、もっと早く言ってほしかった!」とこぼした。

また、25歳で主役に抜擢(放送時は26~27歳)された大河ドラマ「武田信玄」。最高視聴率49.2%(ビデオリサーチ調べ)と大河ドラマ史上2位となる歴史的快挙を成し遂げたが、視聴者から厳しい声もあったという。

それは番組の感想など、さまざまな意見が書かれた視聴者からのはがき。現場には“いい意見”のはがきが貼ってあったという。それを見た中井さんは「悪い意見を貼った方がいいんじゃないの?」と提案したところ、「『中井貴一はキツネ目の男にすぎない』とか、『なんであの俳優を出さないんだ』とかそんなのばっかり。もう読んだ途端に落ち込んで、3日くらいで『もうやめよう』となった」と、視聴者からの“悪い意見”に心が折れてしまったというエピソードも明かしてくれた。

1/4ページ

最終更新:9/13(金) 17:50
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事