ここから本文です

台風の爪痕残る日本列島 南の海では次の台風発生の気配

9/12(木) 11:45配信

ウェザーニュース

 首都圏に暴風をもたらした台風15号は、今でも停電や断水など日常生活に影響を及ぼしています。復旧活動が急がれているなか、南の海上では熱帯育ちの雲がまとまり始めています。

沖縄方面へ接近か

 その中のうち、フィリピンの東の海上にある雲は、10日(火)より熱帯低気圧として解析されていて、今後台風になると予想されています。

 この熱帯低気圧が台風になった後の動きは、太平洋高気圧の勢力や上空の風によって変わるため、まだ予測がはっきりと定まっていませんが、各国の気象予測モデルの結果を見ると、動きが遅いながらも沖縄の南へ北西に進むと予想するものが多くなっています。

 南西諸島では波が高くなることが予想されます。マリンレジャーや船舶はうねりを伴った高波にご注意ください。

 また、この熱帯低気圧の他にも南の海上には雲の塊があって、これらの今後の動向にも注意が必要です。

9月は台風が日本列島に接近しやすい

 9月は夏の太平洋高気圧が後退するため、7月や8月に比べると台風が日本に近づきやすい気圧配置となることが多くなります。

 今後も最新の台風情報に十分ご注意ください。

ウェザーニュース

最終更新:9/12(木) 11:48
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事