ここから本文です

年収400万円の平均貯蓄額は900万円?「貯蓄1000万円」を達成する「朝活」とは

9/12(木) 19:15配信

LIMO

「貯蓄1000万円」と聞くと、現実味のない目標のように感じるのではないでしょうか。とくに若い世代の方は、年収的に貯金のペースを上げるのは難しいでしょう。

この記事の写真を見る

しかし、なかには30代で1000万円を貯めたOLや、周囲の老後資金と2000万円の差をつけた人も存在します。彼らの行動をもとに、1000万円を貯める方法をご紹介しましょう! 

年収別の貯蓄額はいくら?

総務省統計局が2019年5月に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別貯蓄現在高(平均値)は下記のようになっています。(「2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別貯蓄現在高」の表を参照)

年間収入階級「600~650万円」だと平均貯蓄額は1000万円に到達しており、これ以降は収入に比例するように貯蓄額が上昇傾向にあります。

一方収入「550~600万円」までは貯蓄額が収入に比例しているわけではなく、とくに収入「400~450万円」は貯蓄額が高く「902万円」となっています。

税金などの関係もあると思いますが、収入が高ければ貯蓄額も高くなるわけではなく、各個人の心がけ一つで貯蓄額が変わるということなのかもしれません。以下では、「貯蓄1000万円」を目指す上で心がけておきたいことをご紹介します。

1日の始まりが変われば余裕ができる

家を出る直前に起きて、慌ただしく仕事に向かう…。このような毎日を送っている人は少なくないでしょう。しかし、これではゆっくりお弁当などを準備する時間もありません。そこで、まずは早起きの習慣を身につけてみましょう。朝食をしっかり食べたあとは、職場に持参するお弁当作り。飲み物も自分で用意し、水筒に入れて携帯します。

こうすれば、毎日のランチ代や飲み物代を継続的に抑えることができます。これまでに1回1000円のランチを注文し、400円ほどのコーヒーを飲んでいたとすると、1カ月で3万円近くの節約になるでしょう。

さらに、出勤前に時間の余裕がうまれることにより、「天気予報を見ておらず、コンビニでビニール傘を買うことになった」「忘れ物をしたので出先で買い揃えた」といった無駄遣いも防げます。就寝時間を見直し、毎日の生活を改善しましょう。

1/3ページ

最終更新:9/12(木) 19:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事