ここから本文です

「義両親と同居する」と決意した妻を義父が一喝!離れて住む「親の介護」問題の解決は難しい

9/12(木) 6:45配信

LIMO

「老老介護」って、ご存知ですか。

夫婦ともに老いて、自身も老人なのにも関わらず、とくに介護が必要な側の介護を行いながら暮らすことです。

私は以前、ドキュメンタリー番組で上京した娘の両親が老老介護の状態に陥った状況を見たことがありました。
娘は仕事があり、実家にはなかなか帰れません。
休日は全て実家に帰り、病気の母の介護を行うのですが、仕事があるのでまた東京に戻らなければなりません。家族の誰もがすり減っているのに、どうすることもできない様子は見ていて辛くなってしまいました。

両親の元から子どもが遠く離れてしまうと、いざというときにこんなに大変になってしまうのかと思うと、考えこんでしまったのです。番組の放送が深夜だったせいもあり、眠れなくなってしまいました。

ちなみに我が家は、両親と同じ県に住んでいます。しかし、片道2時間ほど離れた場所です。せっかく同じ県にいるのなら、本当はもっと近くに住んだ方がいいのかな、と考えたりもします。
今は元気で問題ないけれど、両親ともに60歳を過ぎています。いつどうなるかはわからないのです。

『どうにかなってからでは遅い。今ならまだ間に合うかも』そう思いました。

両親の介護問題について妻と話し合い

僕は深夜に見た老老介護のドキュメンタリーの感想を妻に話したところ、妻も共感してくれました。

妻の両親は遠く離れた場所にいて、そこには長男や次女などほかの家族が揃っています。
妻にとっては、近い場所にいる私の両親の介護問題の方が、現実的に関わってくる問題だと認識してくれていました。

「将来的に義両親に何かあって、義父か義母1人に負担をかけさせるわけにはいかない」と話していました。ありがたいことです。
「でも、それで頻繁に実家に行かなきゃならない状態になると、片道2時間は辛いね」という話に。確かにそうです。
「もしそれで『引っ越し』になり、子どもに転校を強いるのは嫌だから、どうせなら学校を替えなくて済むように先に近くに住むようにしたい」という話になりました。

1/3ページ

最終更新:9/24(火) 22:50
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事