ここから本文です

小学校で電柱が倒れた事故受け市内の小中学校70校で緊急点検 岐阜市

9/12(木) 6:30配信

CBCテレビ

CBCテレビ

 岐阜市の小学校で、運動場にある夜間照明の電柱が突然、倒れた事故を受け、市内の小中学校で電柱の緊急点検が行われました。

 この事故は、9月9日、岐阜市立鶉(うずら)小学校で、夜間照明の電柱が突然倒れたもので、岐阜市教育委員会によりますと、倒れた電柱は、今から40年前に製造されたコンクリート製の電柱で、地中の部分がさびて折れていました。

 「ちょうど、運動場に1年生の子がいたんですが、先生が子どもたちを集めて指示をしている段階だったので、バサッと音がしてフッと振り返って倒れたというところを見たということです」
 (鶉小学校 河井信幸校長)

 これを受け、岐阜市は、11日までに岐阜市内の小中学校など70校で電柱955本の緊急点検を実施しました。

 異常は見つかっておらず、すべての学校で運動場の使用を再開するということです。

最終更新:9/12(木) 12:21
CBCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事