ここから本文です

小泉環境相、NYで外交デビューか…「気候変動は地球規模の課題」

9/12(木) 18:55配信

読売新聞オンライン

 第4次安倍再改造内閣が12日、本格始動した。

 環境省では、初入閣した小泉環境相が引き継ぎ式に臨み、今月下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会の環境関連イベントへの出席を検討していることを明らかにした。

 英語力を生かし、積極的に外遊を行う考えとみられ、「環境問題や気候変動は地球規模の課題だ。海外への発信も頑張りたい」と意欲を示した。この日、小泉氏は公務の海外出張に使う旅券用の写真撮影のため、さっそく外務省を訪れた。

 同じく初入閣の橋本五輪相は東京都内に完成した「日本オリンピックミュージアム」のオープニングセレモニーに出席。その後、前任の鈴木俊一自民党総務会長からの引き継ぎを終えると、職員を前に「素晴らしい東京五輪・パラリンピックを成し遂げるために先頭を切って全力を尽くす」と決意を示した。

 組織的な天下りや幹部の汚職事件などに揺れた文部科学省では、萩生田文科相が職員を前に「すべての責任は私が負う覚悟だ」と信頼回復への決意を語った。再登板の高市総務相は記者会見で、ふるさと納税制度から大阪府泉佐野市を外した決定の再検討を求める勧告について、「しっかりと私どもの考えを明らかにしたい」と語った。

最終更新:9/13(金) 18:26
読売新聞オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事