ここから本文です

米モンタナ州でAC/DCの「Hell’s Bells」を流し、バイソンを追い払っていることが明らかに

9/12(木) 14:45配信

Billboard JAPAN

 今年7月に、メタリカの楽曲「Don't Tread on Me」を爆音で流し、犬と散歩中に出くわした野生のクーガーを撃退した女性のニュースが大々的に報道されたが、今度はAC/DCの「Hell’s Bells」でバイソンを追い払っている米モンタナ州の保安官事務所が話題となっている。

 現地時間2019年9月11日、米モンタナ州ギャラティン郡保安官事務所は、Facebookへ道の真ん中に佇むバイソンの写真を投稿。キャプションには、「西イエローストーン付近で保安官代理を務めていると、怪我人がでないように、バイソンの群れを高速道路から追い払うなど、珍しい任務もある」と書かれており、「保安官代理たちが、道路に侵入したバイソンの対応をする際には、ライトやサイレンをつけて、エアホーンを鳴らし、動物に道の外に出るように促す」とその内容が記されている。

 だが、この方法が上手くいかないこともあるようで、「渋るバイソンの場合、彼らはスピーカーからAC/DCの“Hell’s Bells”を流すことで知られており、大抵はこの方法が功を奏す」と意外な詳細が付け加えられている。どうやら野生動物は、あまりロックを好まないようだ。

最終更新:9/12(木) 14:45
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事