ここから本文です

都営バス「系統ナンバリング」10月から試行導入 外国人利用者にわかりやすく

9/12(木) 17:30配信

乗りものニュース

 東京都交通局は2019年9月12日(木)、都営バスの系統番号にアルファベットを併記する「系統ナンバリング」を、10月から一部路線で試行導入すると発表しました。

【写真】最新型の都バス「フルフラットバス」

 対象は、渋谷駅前と新橋駅前を結ぶ「都01」系統、および日暮里駅前と錦糸町駅前を結ぶ「都08」系統です。それぞれ車両の行先表示器やバス停などにおいて、系統番号の「都」にアルファベットの「T」が併記されます。外国人の利用者へ向け、系統をわかりやすく案内する目的です。

 鉄道では、路線名のアルファベットとアラビア数字で駅を表す「駅ナンバリング」が導入されていますが、バスにおいても同様に、わかりやすい運行系統の案内方法として「系統ナンバリング」のあり方が議論され、2018年10月には国土交通省がガイドラインを発表していました。

 今回の試行は東京都の「2020年に向けた実行プラン」のひとつにも位置付けられています。交通局では試行後に利用者から意見を募り、その効果を検証したうえで今後の導入拡大を検討するそうです。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/12(木) 17:30
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事