ここから本文です

車内で日光浴び放題! ガラスルーフが特徴的なクルマ3選

9/12(木) 17:10配信

くるまのニュース

 クルマの快適装備にはさまざまなものがありますが、なかでも特徴的な装備のひとつに、天井から日光を取り入れる「ガラスルーフ」というものがあります。

開放感たっぷり! ガラスルーフが特徴的なクルマを写真で見る(19枚)

 ガラスルーフは、クルマの「サンルーフ」とは違い開閉はできないものの、多くの場合サンルーフよりも大型のものが採用されていて、車内の開放感は抜群です。

 今回は、ガラスルーフが特徴的なクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

●日産「ラフェスタ」

 日産「ラフェスタ」は、2004年に発売されたミニバンで、「パノラミックルーフ」というガラスルーフが装備されていました。

 パノラミックルーフは、1500mm×800mmという大型サイズで、さらに紫外線を100%カットする(発表時プレスリリースより)UVカット機能が備わっています。また、車両側面の窓もスクエアで広く取られていたことで、さらに見晴らしよく開放感のある車内空間を実現していたことが特徴です。

 テレビCMでもパノラミックルーフについて触れられていたほか、発売時の宣伝に登場する車両のイメージカラーには「ウォーターブルーメタリック」が採用されるなど、ここでも同装備をイメージさせる演出がされていました。

 ラフェスタは、その後「ラフェスタジョイ」に改名されつつも、2012年まで販売が続けられました。その前後で登場した、マツダ「プレマシー」のOEMモデルである「ラフェスタハイウェイスター」には、パノラミックルーフは受け継がれていません。


●シトロエン「グランドC4スペースツアラー」

「グランドC4スペースツアラー」は、フランスの自動車メーカーであるシトロエンのミニバンです。

 以前は「グランドC4ピカソ/C4ピカソ」と名乗り、日本では2007年に初代モデルの販売が開始され、2012年に一旦販売を終了。その後、2代目モデルが2014年に日本国内へ投入されました。

 そして2018年に車名をグランドC4スペースツアラーに変更し、現在に至ります。

 このクルマにも「パノラミックガラスルーフ」というガラスルーフが設定され、大人数で開放感ある空間を楽しめる設計となっています。

 国産メーカーのラインナップと比べると、輸入車のなかでミニバンは貴重な存在なので、ミニバンに個性を求める人にも向いているクルマです。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 18:24
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事